北欧フィンランド式、高燃焼効率蓄熱式暖炉の設計施工、その他クッキング薪ストーブ、ペチカ、ピザ釜、オーブン等関連工事請負
北欧蓄熱暖炉&ストーブ関連設備の設計施工の店のページトップ画像

大型蓄熱型暖炉修復作業過程

北欧式暖炉、関連設備設計施工
NORDSYSTEM
248-0035
神奈川県鎌倉市西鎌倉1-5-21
NORDSYSTEM電話連絡先


北欧式蓄熱暖炉その1 フィンランド式蓄熱暖炉&オーブン付
フィンランド式蓄熱暖炉の特徴

フィンランド式蓄熱型暖炉複数イメージ 薪を燃やす炉(火箱)には炉と室内を隔てるドアが付き火はむき出しにはなりません、壁付き暖炉に見られるスロート的な絞りが炉上部にあり、その上部に副燃焼室(チャンネル)を設けて本体両サイドに煙道があるのが主な特徴(違うものもある)です、その為本体の幅は構造上特殊なもの以外はある程度のものになります。

構造的にオーブンを取り付けられるタイプが多く、暖炉+オーブン付仕様のものも良くあります。炉のサイズは自由に設計出来、設置する部屋のサイズに合った出力カロリーを算出し燃焼可能な薪の最大量を元に炉のサイズを決定します。

本体は煉瓦、タイル、セラミック、天然石等を使用し、本体外壁仕上げはレンガやタイルを生かしたもの、耐火物で表面を仕上げ色を塗ったもの等バラエティーに富みます。蓄熱型の暖炉の為本体は炉で薪を焚くにしたがって徐々に暖かくなっていきます。

一般的なタイプは部屋が快適に過ごせる20度前後の温度に達する程度の燃焼では炉周辺の金属部分等を除き暖炉本体の表面温度は長く触っていると多少熱いかな、と感じる程度までの上昇の為本体に触れて火傷するような危険性はありません。普及型の本体形状は長方形状のもの、部屋の隅設置用に壁の形状に合わせたもの、又自由なカスタムデザインも可能なので北欧的なデザインのユニークな暖炉も多数あります。

薪、炭等木質系のものを基本的に燃料として使用し、薪の種類は特に問いません、吸気口で燃焼用の空気流入量の微調整が行えるものを備えていれば燃焼速度の加減が行え、煙道端部に取り付けられた排気用ダンパーで消火後の熱損失を抑える事が出来るようになっています。

薪を焚く時間と炉の大きさに比例しますが蓄熱する量は比較的多いので大き目の部屋を暖房する場合に向いています、設置する部屋の大体の大きさは蓄熱型暖炉本体の一般的な高さ2メートル弱位の2立方メートル程度サイズのもので十畳以上~位が目安になります(小さい部屋向きのタイプの施工も可能です)。




ホーム 北欧&欧州式暖炉とは 施工暖炉の種類と特徴 よくある質問Q&A お問い合わせ

北欧&欧州式暖炉ストーブ関連設備設計施工
NORDSYSTEM
248-0035
神奈川県鎌倉市西鎌倉1-5-21
NORDSYSTEM連絡先

© NORDSYSTEM Japan All Rights Reserved